就活家族〜きっと、うまくいく〜の見どころ、キャスト、あらすじまとめ!

スポンサーリンク

金融や、ファッション、雑誌記者、芸能界など『業界』を舞台にしたドラマや小説は数多く見られます。

その中、2017年1月期より、テレビ朝日木9枠では『就職活動』をテーマにしたドラマがよりスタートしました。

公式サイト:就活家族〜きっと、うまくいく〜|テレビ朝日

就活に苦しむシーンが登場するドラマは珍しくないものの、主人公、妻、娘、そして息子と家族全員が就職活動に立ち向かうという、かつてない就活特化型ドラマです。

CMでは『こんなもんに通わないと就職もできないのか!』と息子を頭ごなしに叱責する父の姿が印象的。
今どき感はあるものの、少し現実離れした雰囲気も感じますが…
果たして…

就活を舞台にした物語といえば、個人的には石田衣良の『シューカツ』が思い浮かびます。
これはこれで尋常じゃない競争率のマスコミインターンにあっさり通過する登場人物達がいたりと…
『お前就活したことないだろ』っていう作者が気になりましたが笑
(小説自体は普通に面白かった)

ドラマや小説で『就活』が描かれる場合、就活のリアルを描くというより、誇張表現で日本の就職活動や転職活動というシステムを皮肉りながら展開するストーリーが王道ですからね。
まぁ面白ければ良いんですよ!

木曜9時という良い時間帯に加え、CM等の露出も多い『就活家族〜きっと、うまくいく〜』
このドラマでは現代の『就活』がどのように描かれてるか…
キャストや見どころ、あらすじなどを簡単にまとめていきます!

就活家族のキャスト

富川洋輔(三浦友和)

大手鉄鋼メーカー・日本鉄鋼金属で人事部長として働くエリートサラリーマン。信念を持って仕事と向き合い、長年会社のために尽くしてきた。現在は新卒採用とリストラ勧告という厄介だが責務の重い仕事を請け負っている。
融通が利かず不器用な面があるので、同期と比べると出世が遅れているが、部下からの信頼は厚い。しかしようやく役員に手が届きそうというところで信念を曲げた仕事をしてしまい…?

引用:http://www.tv-asahi.co.jp/shukatsukazoku/cast/

主人公はHERO世界の中心で、愛を叫ぶブラックジャックによろしくなどでもおなじみ三浦友和。
個人的には厳格、真面目、頭がキレる…といったイメージが強い役者さんですが、就活家族でも同様のハマり役を演じています。
医者や刑事といった役柄が多い印象ですが、今回の役柄は普通のお父さん。大手メーカーに勤める『不器用』な父をどう演じるのでしょうか。

『安定感』という意味ではかなり信頼出来る役者さん。
(ストーリーがよっぽどヒドくなければ)上手いこと物語をまとめられる人ですよね。
CMで息子を叱りつける様子は『一昔前』の父親にも見えますが…
現実離れしやすい就活ドラマをどうまとめてくれるのか楽しみな大黒柱です。

富川水希(黒木瞳)

洋輔の妻。マイホームの購入を夢見ている。花が好きで庭に花を植えたいと思っている。おっとりした笑顔がチャームポイントだが、家族のためとなれば頼りになる一面も。
仕事は私立深沢学園中学校の国語教師。生徒や保護者からの信頼も厚いが…?

引用:http://www.tv-asahi.co.jp/shukatsukazoku/cast/

就活という『お堅い』テーマを扱うだけに、夫妻には堅い役者を揃えたな…という印象。
黒木瞳さん自体はセレブっぽいイメージですが、ドラマでは実直な配役が多いような。
感動ものから悪女まで幅広く演じられる女優さんですよね。

富川栞(前田敦子)

富川家の長女。父親を持ち上げてはお小遣いをもらうなど、気楽に人に頼ったりするちゃっかりしたところがある。
ジュエルDで働いているがセクハラに悩み、部署異動を願い出る。しかしその異動先は想像以上に過酷な部署だった!

引用:http://www.tv-asahi.co.jp/shukatsukazoku/cast/

ここであっちゃん!
AKB出身ということで何かと叩かれる前田敦子さんですが、私は女優前田敦子も好きですよ。
台詞の読みが上手とか、ルックスがどうのこうのというより、『雰囲気』を作る才能は少なくともAKBグループ出身&現女優の中では松井玲奈と並んでトップクラスだと思いますよ。

これまでは学生(イケパラ、Q10など)を演じたり、ニート(モラトリアムたまこ)など”私生活”を中心に演じることが多かった彼女ですが、今回はバリバリのOL。
実際に経験したことないキャリアをどう描くのか注目です。

富川光(工藤阿須加)

富川家の長男。就職活動に苦労中の三流大学生。周囲の学生が次々内定をもらっていく中、焦燥感を感じている。
痴漢を捕まえようとするなど正義感が強く、真面目な性格だが、父親譲りの不器用な性格と自分で決めたことに関しては頑固な面が玉にキズ。

引用:http://www.tv-asahi.co.jp/shukatsukazoku/cast/

正直に言ってしまうと、これまで工藤阿須加さんには特別なイメージを抱いたことがなくて…
少し調べてみたのですが、プロ野球の工藤公康監督の息子さんなんですね。マジかよ。

三流大学、正義感、不器用…といかにも就活に失敗しそうなキャラクターです笑
(リアルだとこういう子は普通に内定もらいますけどね)
こう見ると富川家から『ザ・不器用な家族』感がひしひしと伝わってきますね…。

就活というイベントで崩れそうな家族がどのようなストーリーを繰り広げるのか期待です!

川村優子(木村多江)

主人公の洋輔が勤める日本鉄鋼金属のリストラ対象社員…。
不幸な役なら木村多江って安易か!
でも幸薄といえば私もまず木村多江さんが浮かびます。
就活家族〜きっと、うまくいく〜は、かなり『ハマり役』が多い印象ですね。

真壁雄斗(渡辺大)

栞の同僚でちょっとチャラそうなルックスの真壁。
演じるのは渡辺謙の息子としても知られる渡辺大さんです。
以前は上司と付き合っていたこともある…などいかにもハプニングを起こしそうな役柄です。

国原耕太(新井浩文)

『国原就活塾』塾長を演じるのは新井浩文。
前田敦子とはど根性ガエルでも共演しています。
強面を生かして犯罪者やアングラな役柄が多い彼ですが、今回もまた怪しげな役を…
”就活塾”に通ってる人ってリアルでも地雷が多い印象ですが…光くん…

就活家族のあらすじ

主人公の洋輔は大手鉄鋼メーカーに勤めるお堅い人事部長。現在はリストラを担当するストレスフルな役柄を演じます。コネ入社の依頼も突っぱねる彼は、不器用ながら上司、部下からの信頼も厚いが…
息子の光は就職活動中の三流大学生。しかし、父に似た実直な性格が裏目に出てしまい、就職活動は難航…全く内定をもらえる気配がない中、母の水希がホストクラブから出てくるところを目撃してしまい…?
怪しげな『就活塾』にも出入りするようになり、完全に就活の迷路に入り込んだ光。栞は栞でセクハラに悩み…と家族全員が問題を抱えるように…
就職活動を中心に狂った家族関係の歯車をどう直していくのか…!?

(参考:就活家族〜きっと、うまくいく〜|ストーリー

就活家族のみどころ

就職活動という日本社会の闇によって家族関係にヒビが入り…それをどう乗り越えるのか…!?
という王道っちゃ王道のストーリー。
『就職活動』のリアルを描く、あるいは風刺するといった点では期待薄ですが、キャストが揃っているだけに家族関係中心のストーリーなら上手にまとめてくれそう。

ただ、あえて『就職活動』をメインテーマにするのであれば、キーポイントとなるのは『国原就活塾』だと思うんですよね。
スチュワーデスや会計士など、ダブルスクールがスタンダードとなっている業界と違って、メーカーや商社など”普通の”就職活動をする上では、こういった就活塾が詐欺まがいの運営をしていることも少なくありません。

ありきたりな家族愛で終わるのか…それとも日本の就活をブン殴ってくれるのか…。
就活生を獲物にしていく組織をどう描けるかが、このドラマの明暗を分けます。

おわりに

就活シーズンが始まるって時に、エグいドラマをぶつけてきましたね苦笑
就活生は見たくもないですかね。逆に興味ある!?

ドラマだけにCMからも誇張された就活が見て取れますが、逆に今の自分を客観的に、そして冷静に振り返れるかもしれません。
あなたは変な就活塾に入っていませんよね??

息抜き…というには嫌なテーマですが、軽い気持ちで観てやりましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク